クレジットカードを使用して、よく言われることは、カードで使いすぎることや、買い物やお金の使い方が計画的でなくなってしまう…などですね。でも、クレジットカードだからこそ、経済的にお金を使うことができるのです。その方法とは、ズバリ、クレジットカード使用を家計簿と考えることです。クレジットカードを使用できるお店や、いまやとても増えています。日常的にクレジットカードを使用するようにすると、そのすべてが月末に一覧となってカード会社から送られてくるわけです。これを家計簿代わりに考えるのです。もちろん、使用後に贈られてくる一覧だと、自分のカード使用の抑制にはなりません。なので、カード使用する時に、だからこそ常に意識するようになるのです。まず、最初に月にすべきは、光熱費もクレジットカード決済にし、日用品や外食等もすべてカード払いを心掛け、使いすぎないよう、必要最低限の使用額を確認します。それ以外は、現金の必要額です。お金の使いすぎは常に、意識をしているか否かです。クレジットカードを出す時に、それが必要な金額の使い方かどうかを常にチェックし、意識する習慣をつければ、わざわざ家計簿を別につけなくてもOKなのです。